単語・フレーズ

韓国語の2種類ある数字!漢数詞(イル、イー)を解説

日本語の1,2…と1つ,2つ…って韓国語もやっぱり違う言い方なの?
そうだよ!韓国語でも漢数詞と固有数詞っていう数え方があるよ!
やっぱり!じゃぁ、1,2(いち、に…)の方を教えて!

という方に向けた内容となっています。

韓国人夫監修のもと、当記事ではざっくりと以下のことをまとめています。

  • 韓国語には数字の数え方が2つあること
  • 韓国語の数字の数え方の1つ「漢数詞」の数え方ついて
  • 漢数詞と一緒に使う単位を紹介
  • 漢数詞の覚え方

当記事を最後まで読むことで、韓国語の漢数詞の読み方をマスターできますよ!では、韓国語の数字の数え方(漢数詞編)を見ていきましょう。

2種類ある韓国語の数字

韓国語にはイル、イー(1,2…)といった読み方の数字と、ハナ、トゥル(1,2…)といった数字の読み方2種類があります。文法用語でいえば、イル、イー(1,2…)の方は漢数詞、ハナ、トゥル(1,2…)は固有数詞と言います。

漢数詞

イル、イー(1,2…)と数える数え方。
日本語でいーち、にー、さん、しって数える時に使うやつです。

固有数詞

ハナ、トゥル(1,2…)と数える数え方。詳しくは別記事にまとめています。

韓国語に2つある数字の数え方!使い分け方や読み方は? という疑問を持つ人に向けた記事になります。韓国人夫の監修のもと、一緒に韓国語の数の数え方を勉強しましょう。 ...

韓国語の数字「漢数詞」の数え方や読み方の表

韓国語の漢数詞と読み方です。
意外に韓国語の0(ゼロ)は見逃されがちなので要チェック!

漢数詞の数え方と読み

0영(ヨン)
1 일(イル)
이(イー)
3삼(サム)
4사(サー)
5오(オー)
6육(ユク)
7칠(チリ)
8팔(パル)
9구(ク)
10십(シプ)
20이십(イーシプ)
30삼십(サムシプ)
40사십(サーシプ)
50오십(オーシプ)
60육십(ユクシップ)
70칠십(チルシップ)
80팔십(パルシップ)
90구십(ク―シプ)
100백(ペク)

例)11の表し方は?

表には1~10の次に20、30…になっています。
10,20,30…も1~9の数字に10の십がついていますよね!

11

=10+1

=십(シプ)+일(イル)

=십일 (シビル)

韓国語の小数や分数の表し方

韓国語で小数や分数も、漢数詞を使って表せます。

少数

○.○○の小数点は、韓国語で점(ジョム)と表現します。

3.14

 삼점일사 

2.47

이점사칠

3.07

삼점영칠

分数

韓国語の分数は○○分の○○の「分の」の部分は분의(ブネ)と言います。

¼

사분의 일

삼분의 이

漢数詞と共に使う日常生活で頻繁に使う単位

年月日○○년○○월○○일(○○ニョン○○ウォル○○イル)
층(チュン)
(固定数詞)時○○分○○秒○○분(ブン)○○초(チョ)
ウォン(韓国の通貨)
〇回회(フェ)(ドラマなどでよく見ますね!)
等(などなど)등(トゥン)
℃(温度) 도(ド)※重さや長さも漢数詞です。
지금 몇 시인가요? (今、何時?)
3:20분 입니다.(세 시 이십분입니다.)
分は漢数詞なのに、○○時は固有数詞なんだね。気をつけなきゃ!

例)○○月

1月から順番に。

일월 (イロル)이월 (イウォル)삼월(サモル)사월(サウォル)
오월 (オウォル)유월(ユウォル) 칠월(チロル) 팔 월(パウォル)
구월 (クウォル)시월(シウォル)십일월 (シプイロル)십이월 (シプイウォル)

6月(유)と10月(시)はちょっと違うのでよく覚えてくださいね。

당신은 언제 태어났나요?(あなたはいつ生まれた?)
1960년 3월 13일이요.(천구백육십년 삼월 십삼일이요.)

例)돈(お金)

 일, 십, 백, 천(千), 만(万) , 십만(10万), 백만(100万), 천만(一千万), 억(億), 십억(10億), 백억(100億), 천억(1000億) , 조 (兆), 십조(10兆), 백조(100兆), 천조(1000兆), 경(京)

 ※일, 십あたりは、あまり使う機会はないですけどね。

よく使う만 원(1万ウォン)ですが、1をつけて일만 원とはいわず、만 원と表現します。2万ウォンからは数字をつけて이만 원と表現。

韓国語の数字の覚え方は?YouTubeにある歌を紹介!

韓国の子どもに向けたYouTubeチャンネルも、日本人のハングル学習者には最適。

何回も聞いて、歌って習慣のように口ずさんでしまうようになるまで練習しましょう。

韓国語の数字(漢数詞)のまとめ

韓国語の数字は固定数詞と漢数詞がありますが、使い分けははじめは何となくで大丈夫。

簡単な数字と単位を組み合わせて言い慣れたり、聞き慣れることが大事!
無理に覚えようとしなくても、自然に覚えられますよ。

何回も口に出したり、聞いたりして練習してみてくださいね。