HSPの仕事・副業

HSPの人に向いていない仕事は?[適正を把握して仕事選びの失敗を防ごう]

今の仕事はHSPの自分にはつらい…

やっぱり向いてないのかな?

HSPの人が転職する時に避けるべき仕事は?

といった悩みを持つHSPの人向けの内容になっています。

この記事は、

  • HSPを自覚していて何回も仕事を変わっている人
  • HSPの人で自分の適性がわからない人

におすすめです。

当記事を読むことで、HSPの人に向いていない(避けた方が無難な)仕事がわかりますよ。きっと今、あなたが辛いのも納得できるはず。

私もHSPで、自分の仕事のできなさや周囲の冷たい視線に耐え切れず、ニート期間もありますし、転職を繰り返しています。

それでは、HSPの人に向いていない仕事を見ていきましょう。

HSPの人に向いていない仕事

HSPの特徴がでる職場は避けた方が無難です。

厳選してご紹介します。

  • 医師や看護師
  • 飲食店
  • テレアポ
  • 事務
  • 営業
  • 接客業(窓口業務も含む)

それでは、順番に詳しくみていきましょう。

医師や看護師

どんな仕事でも、誰もが責任をもって働いています。

そんな中でも、医師や看護師の責任は、より重いといっても過言ではないでしょう。

人の命がかかっている仕事だから、ミスも許されません!

患者さんに合わせて、臨機応変に判断して、治療に当たらなければなりません。この臨機応変な対応もHSPの人には苦手分野。

さらに、職場内の人間関係もHSPの人にはしんどいかもしれません。

飲食店

アルバイトをした経験のある人も多いのではないでしょうか?

食事の時間帯は、忙しすぎて狂いそうになります。HSPの人はパニックになって、注文ミス、食器を落として割ったなどなど、ミス連発なんて事態も。

私もバイトしたけど、身も心も撃沈だった…

粗相をすると、お店からも怒られ、お客さんからもクレームが来て、最悪です。

テレアポ

HSPの人は、電話を苦手とする人が多いです。

私も、相手の名前を聞き取れずに何回も先輩に怒られています。

他にも、電話を苦手だと感じる理由は色々あるでしょう。

電話を苦手とするHSPさんがテレアポを仕事に選んでしまったら、末路はご想像の通り。

HSPの人は電話が怖い!?電話をとるのが苦手な理由と対策法会社で電話を取るのが怖くないですか?HSPの自覚がある人は、より怖いと思うかもしれません。今回は、電話をとるのが苦手な理由とその対策法を解説しています。...

事務

事務は特に女性に人気の仕事ではありますが、意外とHSPの人にとってしんどい面も含みます。

例えば、電話もつらい仕事の一つ。

他にも、マルチタスクとなってくると混乱しがちですし、期限が迫ってくるのも気持ちがしんどいです。

また、オフィス内勤務ということで、人間関係も問題を抱えてしまうかもしれません。

営業

人と会うことが仕事の営業は、HSPには向いていないと言えるでしょう。

また、営業にノルマはつきもの。

私は金融機関で働いていましたが、営業担当者はいつも課長に怒鳴られていました。

同期の男の子は泣いていたよ。

怒鳴られる声を聞いている私も辛かった…

営業は、HSPの人でなくても、厳しい仕事なのかもしれませんね。

接客業(窓口業務も含む)

接客業はたくさんありますね。

色々なお客さんがいるので、要求も様々。HSPさんは、気を遣って疲れるでしょうが、クレームでも心身のダメージは大きいはず。

私は金融機関で窓口業務もやりましたが、ありえないくらい失敗もしましたし、客から名指しでクレームが来たこともあります。

クレームの内容は、あの人は客が来ても「にこり」ともしない…だとよ。

私は女性なので、女性目線になってしまいますが、スーパーのレジ、美容室、ネイルサロン、エステなども、やっぱり接客業の一種。

余程やりたい仕事があるというHSPの人以外は、ちょっと避けた方が自分を守れるでしょう。

HSPの人はこんな会社はやめておけ!避けるべき会社の特徴

会社によって、空気が違いますよね。

HSPの人は、できるだけ避けるべき社風をご紹介します。

体育会系

学生時代に部活動で体育会系に所属していた人なら、体育会企業の雰囲気を想像しやすいでしょう。

  • 上下関係が厳しい
  • チームプレイでガッツで乗り切る
  • 飲み会やイベント多め
  • チャレンジ精神旺盛

などなど。

私の学生時代に就活で得た情報では、一部保険会社も実は体育会系で有名でした。(現在のことはお調べください)。

建設や造園なども体力を使いますし、体育会系ですね。

昭和体質

令和時代でも、会社の中は昭和時代のままということもあります。

令和を生きる人にとっては、つらいはず。HSPではない人も面食らっているようです。

  • 年功序列
  • ジェンダー差別
  • 変なルール多め(先輩より先に退社NG、評価UPのため飲み会参加必須など)
  • 仕事のやり方が昭和(テレワークはNO!、とにかく会議…など)

私は金融機関に勤務していましたが、まさに昭和体質でした。

朝礼から始まり、来客時のお茶入れ、全員を集めた意味が分からない勉強会…などなど。

HSPの人に向いている仕事は?

HSPの人にも長所がありますし、向いている仕事ももちろんあります。

  • 動物や自然と関わる仕事
  • IT系(コーダーなど)
  • クリエイティブ系(デザイナーなど)
  • 一人でできる仕事(ドライバー、清掃、警備員など) 

などなど。

色々ありますが、ITやクリエイティブ系の仕事は、在宅でできますし、一人でもできる仕事なのでおすすめです。

HSPの人が苦になりにくい在宅ワーク9選!副業や独立におすすめHSPは繊細なため、普通の人が何ともない仕事も苦痛に感じやすいです。そこで、HSPの人が苦になりにくい在宅ワークを厳選してご紹介します。...

また、在宅ではなく、正社員で働くために転職したいという人は、転職エージェントの利用が効果的でしょう。

[まとめ]HSPの人に向いていない仕事を知って、仕事選びの失敗を防ごう!

HSPの特徴を知らずに、無闇に転職しても、また辛い思いをするでしょう。HSPの人は、きっと今までも、生きづらいと思ったことは数えきれないほどあるはずです。

HSPの人に向いていない仕事や向いている仕事を知るだけでも、嫌な仕事を避けられる可能性は高くなります。

HSPのあなたが楽しく続けられるお仕事を見つけられ、生きやすくなるようにお祈りしています。