HSPの仕事・副業

HSPの人が苦になりにくい在宅ワーク9選!副業や独立におすすめ

HSPの自覚があってもう会社勤めが限界…HSPの人におすすめの在宅ワークってある?

というお悩みを持つ人に向けた内容となっています。

HSPとは、いわゆるとても繊細な人で、会社勤めも大変ですよね。HSPさんは5人に1人の割合らしく、人知れず悩んでいる人は多くいるでしょう。

私も仕事ができない人間で、転職も多く、社会のレールから落ちた人間。今は環境面もあって、在宅でライターをしています。

そこで、今回は、HSPの人が苦になりにくい在宅ワークをご紹介します。

この記事を読み終えると、HSPの人がチャレンジしやすく、働きやすい仕事がわかりますよ。副業としてはじめ、軌道にのれば独立もありですよね。

HSPの人におすすめの在宅ワーク(ノースキル・未経験OK)

HSPの人が苦になりにくいおすすめの在宅ワークを紹介します。

在宅ワークと聞くと、

どーせ何かスキルがいるんでしょ?無理無理!

と思う人もいるかもしれません。

ここでは、まず未経験でも始めやすい在宅ワークに絞りました。

Webライター

何のスキルもなく、パソコンも超絶使えない私が、はじめてWebのお仕事で挑戦したのがWebライターです。

  • 主婦も多く働いており、未経験OKなクライアントも多く存在
  • ジャンルは幅広く、案件は多い
  • 得意分野があると高単価の案件をゲットできる可能性あり

案件は、美容や不動産、金融、スイーツ、レジャー、教育など、ジャンルが幅広く、自分の好きな分野や得意な分野だと早く書けるので、時給換算にするとラッキーと思うことも!

私の場合、報酬は「1文字○円」の仕事しか出会ったことがないのですが、「1記事○円」という会社もあるようです。

金融に詳しい友達は、1文字4円くらいと言っていましたから、専門知識があると、高単価の案件を任せてもらえる可能性もあります。

https://homorublog.com/noexperience-webwriter/

データ入力/テキスト入力

文字通り、データを入力、テキストを入力するお仕事で、パソコンで入力作業ができる人なら誰でもできるでしょう。

単価は高いとはいえませんが、真面目でコツコツ作業できるHSPさんには向いている仕事といえます。

ブログ

実は、ブログもしっかりやれば収入源になります。

ブログ内に貼り付けた広告をもとに収益が発生する仕組みです。ただ、やり方が悪いと全然稼げませんし、稼げるまでに時間がかかるのがデメリット。

Webライターをする人なら、ブログも同時進行で書いてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、Webライター以上の収入を得られる可能性も!

Webライターなら「#ブログ書け」!ブログをおすすめする理由 最近Twitterでも「#ブログ書け」を多く見かけるようになり、副業熱が熱いですね。 特にWebライターだからこそ、「#ブ...

YouTube

自分の好きなことを動画で発信して、収益にすることもできます。

スマホのアプリで初心者でも編集しやすくなっていますよね。

ただ、ブログと同様に、稼げないこともあります。

YouTubeで収益が発生するための条件(登録者数1000人以上&12ヶ月の再生数が4,000時間以上)をクリアする必要があります。

芸能人もYouTubeに参入している現状を見ると、簡単でないことは想像に難くないでしょう。

しかし、挑戦する価値はあります。

HSPの人におすすめの在宅ワーク(勉強が必要

ここからは、ノースキルでは難しいけど、勉強したら仕事としてやっていけるおすすめ在宅ワークをご紹介します。

プログラミング(コーダー)

コーディングをして、HP制作をするお仕事です。

実は、私も勉強して、卒業制作まで終えたので、パソコンが苦手なくせに、ある程度のHP制作ができるようになりました。

デイトラ(WEB制作コース)の評判は本当?[一受講者としての感想]評判がかなり良いオンラインプログラミングスクール「デイトラ」を受講した感想です。...

副業ブームでプログラミング学習をする人が多くなり、競争率は低くないものの、案件は絶えずにあるので、仕事をできる機会はあるでしょう。

スクールは結構大きな出費だと思うので、迷っている人は、まずは、お試しができるスクールで試してみてはいかがでしょう?

Webデザイン

プログラミングと一緒に学べるコースを用意しているスクールもありますね。

Webデザインも人気の仕事で、やはり学べば仕事にできる可能性は高いでしょう。

動画編集

自分のYouTubeなら初心者でも問題ありませんが、仕事にするなら学ぶのがベター。

ちなみに、知り合いは、M・Eアカデミーで学んで、動画編集を仕事にしています。

正直、M・Eアカデミーさんに関しては価格は高めですが、サポートもしっかりしていて、元がとれるので、悪くはないそうです。

HSPの人におすすめの在宅ワーク(得意なことがある人向け

自分の得意なことがわかっているHSPの人は、その得意をビジネスに活かせるでしょう。

語学(翻訳、講師など)

英語や韓国語など、外国語に精通している人は、外国語を使ったお仕事もおすすめです。

例えば、翻訳の仕事です。

また、人と接するのが嫌でなければオンライン家庭教師などもあります。

ネット販売(アクセサリーなど)

何かを作るのが趣味を持っている人は、それをネット販売につなげて、報酬を得る手段にできるでしょう。

得意なことや好きなことがある人が羨ましい…

ハンドメイド商品も、今やネット販売が主流となっているので、販売してみたい人は、挑戦してみてはいかがでしょう?

HSPの人が一人で仕事を探す方法

HSPは、大勢の人と接するのが苦手という特徴がありますが、在宅ワークは一人でも大丈夫。

基本的に、仕事を探すのはオンラインです。

  • クラウドソーシングサイト(クラウドワークス、ランサーズなど)
  • ココナラ

メッセージを送るのでさえも苦手だという人もいるかもしれませんが、そこだけ何とか乗り越えてみてください。

また、SNSでフォロワーが多い人は、フォロワーを通して仕事をもらえるなんてこともあるので、SNSのアカウントを作っておくと良いかもしれません。

HSPの人が在宅ワークで稼げるようになるにはどれくらいの期間が必要?

稼げるまでにどれくらいの期間がかかるのかは、在宅ワークの種類、稼ぎたい金額などによって異なるでしょう。

例えば、ライターの場合、今すぐに応募して、採用されれば、たとえ少額であろうと今すぐ稼げたことになります。

経験を重ね、クライアントの信用を得ると、もっと良い仕事を貰えることもあるでしょう。

SNSで、「数カ月で6桁稼いだ」などとよく見かけますが、ごく一部の人なので、数カ月だけであきらめずに、しばらく継続してみるという気持ちも大切です。

まとめ

HSPの自覚がある人で、会社勤めが厳しいと感じているなら、まず、副業として在宅ワークを始めてみてはいかがでしょう?

私の経験から、いきなり会社を辞めることはおすすめしませんし、HSPだからといって、独立(フリーランス)が100%正解というわけでもありません。

HSPがフリーランスで仕事をする前に!メリットとデメリットを知って働き方を選ぼうHSPの人にフリーランスはおすすめですが、すべてのHSPの人に向いているわけではありません。HSPの人がフリーランスになる前に知っておきたい、メリットとデメリットを解説するので、フリーランスになる前によく考えてみてくださいね。...

在宅ワークをしてみて、HSPのあなたに合う働き方が見つかればよいですね!