仕事・副業

Webライターなら「#ブログ書け」!ブログをおすすめする理由

Webライターはブログ書いた方が良いた方が良いって聞くけど、どうして?

最近Twitterでも「#ブログ書け」を多く見かけるようになり、副業熱が熱いですね。

特にWebライターだからこそ、「#ブログ書け」なのです。

特にこの記事をおすすめする人

  • Webライターをしてみたい人(未経験者)
  • Webライターに挑戦中の人

Webライターにブログをおすすめするのはメリットが大きいから!

今回は、Webライターが自分のブログを持った方が良い理由やメリットを詳しく見ていきましょう!

今はブログ=日記ではなく広告塔

あなたが何かを検索して、誰かの個人ブログにたどり着くこともあるでしょう。

当ブログもしがない素人による個人ブログ!

そのブログには、実はSEOやらマーケティングやら色々な知識やノウハウが詰め込まれているのです。

以前は日記のようなブログも多く見受けられましたが、今では「人の役に立つブログ」が持て囃されています。

もちろん日記目的なら日記でOK!

ブログのマネタイズ化を考えている人も多いですが、始めてみるとブログは思っていたよりもかなり難しいことに気づくはずです。

ブログに求められる知識やノウハウはWebライターにも該当します。

ブログはオワコン!?NO,NOです!

Webライターが自分のブログを持つメリット

特にあなたがWebライター、もしくは目指しているなら、自分のブログを作ってみることをおすすめします。

Webライタ-にとってブログは仕事を得る手段になる

誰かのブログで次のような文言を見たことがあるでしょうか?

とあるブロガー
とあるブロガー
お仕事の依頼を受け付けています

高品質で素晴らしいブログを作っていると、ブログを通してお仕事の依頼が舞い込むことがあります。

ブログを通して仕事依頼が来るようになったら、ライターとしては美味しいですよね。

自分の作品(ポートフォリオ)として提示できる

ランサーズやクラウドワークスでの提案文の書き方[プロジェクトに応募せよ!]という記事内でWebライターとしての実績がなければ、ブログでアピールする旨を書きました。

実際、私ははてなブログを書いていた時に、クラウドワークスの提案文でブログURLを貼りました。

数名、提案先の企業の人と思われるアクセスがありました。

はてなブログも超ヤバい駄作だったので、逆効果でしたが、しっかりとブログを書いていたら、アピールできる材料になります。

適当なブログを作っていると自分アピールとしては逆効果になっちゃいます!

WordPressの使い方を習得できる!

Webライターの求人を見れば、WordPressという文字が目に入ることが多くなりました。

最近は、WordPressを使えるライターを求めるクライアントが多いです。

直接入稿とかね。

1から教えますというクライアントもいることはいますが、低単価など条件が良くない場合もあるので、自分で勉強しておいた方が良いです。

応募条件にWordPressを使える人と書いてある場合が多いので、WordPressを使えるだけでWebライターの仕事の範囲は広がります

 

Webライターに必要なSEOについてブログ運営で学べる

Webライターにも求められているSEOの知識。

ブログでも必須です。

クライアントによってはキーワード選定やボリュームチェック、さらには見出し構成までしてくれている場合もあります。

すべて自分でできる人に仕事を任せられたら、クライアント的には頼りがいがありますよね!

その他、諸々のブログに必要な知識が身につく

ブログは凄すぎるんですが、その分奥が深く難しいことも実感できます。

ブログで身につくことは色々あります。

  • セールスライティング
  • Webライティング
  • Webマーケティング

などなど。

とにかく、「続ける」ことが大事。

ブログで身に着けたことは、将来的に何かに活かせるはず!

ブログを自分の資産に!

WordPressブログが持て囃されてのは、自由性などだけではなく、資産になるからです。

Webライターは書いて、納品して終わりです。

あなたが書いたけど、納品したらその権利等はすべてクライアントのものになります。

あなたの手元には書いた単価分のお金が入るだけで、単発で終わっちゃうんですよね。

でも、ブログはずっと残ります。

永遠にあなたの作品!

そして仕事を得ることができたり、収入源になったりします。

ブログはWebライター以上に稼げる可能性アリ

自分のブログを持って、自分で試行錯誤しながら上手くいった場合、Webライター以上に稼げる可能性がありますよ。

決まった単価以上に稼ぐことが期待できないWebライター。

一方、クライアント側はあなたの書いた記事で大儲けしているかも?

実際、クライアントには個人ブロガーやアフィリエイターも多いです。

外注ですね。

自分で書いたブログが収益化できるのは夢がありますね。

Webライターがブログをもつデメリット

精神・身体的にしんどい

ずっとパソコン作業なので、精神的にも身体的にも辛いです。

  • 腱鞘炎や腰などの痛み
  • 運動不足に陥って不健康
  • 脳も疲れる

などなど、身体や精神的に疲れるという点は否定できません。

ブログを頑張っても必ず報われるとは限らない

ブログで成長はできるけど、費やす時間や労働力は膨大で、収入も得られないかもしれません。

ブログで稼げているのは全体的に見て少数派だといえます。

記事が誰の目にも触れない可能性もあります。

Webライターの仕事を終えてからのブログ執筆は結構辛いのに、低品質記事の量産は意味がないかもしれません。

Webライターをしている私がブログを始めた理由

私はクラウドワークスで、1からWordPressを教えてくれるというクライアントに出会いました。

WordPressの使い方以外のキーワード選定やボリューム調べなどはクライアント側でしてくれていました。

なので、すべてが私の知識になったわけではありません。

でも、クライアントさんのマニュアルを通してブログに必要そうなツール(有料含む)など初めて知ることも多かったです。

そこで、自分でもブログを作ってみようと思いました。

クライアントワークでクライアントのノウハウを良い意味で盗んで活用するのもおすすめ!

でも、私は自分のブログにノウハウを上手く落とし込めず上手くいってないですけどね。

やはり初心者には難しいですね。

とりあえず、Webライターは「#ブログ書こう」!

Webライタ-はブログを書こうとここまでおすすめしてきました。

迷っているならブログを立ち上げて書きましょう。

ブログを通して成長を感じたり、仕事や収入を得られるようになると良いですね!