仕事・副業

転職回数が多いと人生終わり…なわけない!稼いで生き抜くには?

夫
転職の面接に行ったけど、面接官に転職回数が多いことで難色を示された。もうダメだ…

実際に、私の家庭での会話です。

転職回数が多い人なら、面接で転職回数が多いことをツッこまれた経験があるのではないでしょうか?

私の夫は、もう数えきれないくらいの転職回数を記録中。

この記事を書いている私も、金融機関に就職したものの、合わず、社会のレールから外れ、転職も上手くいかず、地獄の日々を過ごしました。

でも、現在は、どうにかなっているので、転職回数が多いという自覚がある人は、ポジティブに切り替えて、稼いで生き抜く方法をご提案します。

転職回数が多いと人生終わり…なわけない!生きていかなければなりません!

君、転職回数多いよね?何で?しかも、職種に一貫性ないし…

面接時にこんな言葉を投げかけられたら、望み薄だと悟りますよね。

転職回数が多くても、何とかなります。

何より、どんなに転職回数が多くて面接に落とされても、生きるために仕事を探さなければなりません。

私が現状、何とかなっているのは、いわゆるフリーランス的な働き方をしているからです。

転職回数が多い人におすすめの仕事を得る方法

転職回数が多い人が転職に成功、もしくは生活できるだけ稼げるようになるには、少しコツが必要。

人手不足の業界にチャレンジ

少子高齢化でどの業界も人手不足かもしれませんが、特に激務や肉体労働などで知られる業界は避けられがち。

  • 介護系
  • 建設系
  • 教師(講師も含む)

などなど。

でも、キツイと言われる職種でも、人間関係などで良い環境の職場もあるので、見極めたら転職に成功する可能性はあり、その後の仕事も上手くいくでしょう。

転職回数を気にしないベンチャー系

転職回数を気にするのは、昔ながらの会社、もしくはちょっと年配の人という傾向があります。

ベンチャー系は平均年齢は若めなので、転職回数に固執しない場合も珍しくありません。

今までの転職でそれなりに使えるスキルが身に着いていれば、採用してくれる可能性あり。

正社員にこだわらない(派遣やアルバイト)

正社員にこだわっていては、年齢や時期などにもよりますが、結構厳しいです。

とりあえず、派遣やアルバイトでも身に着くことはあります。派遣やアルバイトから正社員という可能性もゼロではありません。

また、身に着けたスキルに加え、空いた時間で勉強もして、フリーランスも良いでしょう。

フリーランスになる

何十社と受けて、落とされているなら、フリーランスを検討した方が良いかもしれません。

フリーランスで多いのは以下のあたり。

  • WEBライター
  • コーダー
  • WEBデザイナー
  • イラストレーター
  • 動画編集

などなど。

とりあえず、独立できるだけのスキルが必要なので、スキルが無い人は勉強からになります。

ノースキルの自覚がある人はWEBライターがおすすめ。私はWEBライターをしています。

一応ガッツリ稼ぎたくて、オンラインプログラミングスクールでも学習済。

どうしても正社員を希望の人は転職エージェントの利用を!

今だからこそ、私は転職エージェントの利用をおすすめします。

私は、すごく頻繁にハローワークに通っていた時期があります。

窓口のおじさんが適当な求人票を見ながら、私に言い放った言葉を今でも忘れません。

その年齢(当時20代半ば)でプーもいかんやろ。とりあえず、何でもえーから働きなさい

これで、私は職種的には悪くないけど1年期限の仕事を始め、職歴が増えることになりました。

その先の転職は、何社もチャレンジしたけど、不可能でした。

学生時代から自分の強みや特技も見つけられない&コミュ障人間だったので、就職も苦労しましたが、転職も詰むのは当たり前…か。

転職エージェントは、プロなので、アドバイスが半端ないです。

ハローワークに通って時間を消費するより、転職への道は近いといえるでしょう。

転職回数が多い事実は変えられない!人生を終わらせず生きよ!

転職回数が多くて、不採用が続いていても、まだ生きるための方法はあります。

ただ、再び稼げるようになるまでには、すごく努力しなければならないでしょう。

転職回数が多くて悩んでいるのは、あなただけではありません。

周囲の克服した人などの話も聞き、自分にできる方法を模索し、とにかく行動しましょう。