韓国語

韓国語「들리다(聞こえる)/듣다(聞く)」を使いわけよう!活用&例文

韓国語の듣다(聞く)と들리다(聞こえる)の使い分けを教えて!

という方に向けた内容となっています。

韓国語学習の初歩段階で習得する「듣다(聞く)」。
日常的によく聞く単語でもあります。
同時に習得しておきたいのが들리다(聞こえる)。
들리다(聞こえる)も日本でもよく使う頻出単語ですよね!?

ここでは、듣다(聞く)を들리다(聞こえる)比較して違いを知ることができます。
듣다と들리다をしっかり使い分けられるようにしましょうね。

韓国語「듣다(聞く)」の活用

韓国語の他動詞듣다は他動詞で「聞く」という意味があります。
音楽やニュース、話などを「聞く」という場合に用います。

現在形過去形
原型듣다들었다
丁寧形(ハムニダ体)듣습니다들었습니다
아/어(へヨ体)들어요들었어요
フランク(パンマル)들어들었어

 

語幹は「듣」になるため、「語幹+○○」で表現できる現在進行形や願望表現などはそれぞれ「듣+고 있다」「듣+고 싶다」となります。

その他の語幹+○○で表現できる文法も語幹の部分には「듣」を入れることで文章を作ることができます。

韓国語「들리다(聞こえる)」の活用

韓国語で自動詞 「들리다」は「聞こえる」という意味があります。

現在形過去形
原型들리다들렸다
丁寧形(ハムニダ体)들립니다들렸습니다
ハンダ体들린다
아/어(へヨ体)들려요들렸어요
フランク(パンマル)들려들렸어

語幹は「듣리」になるため、「語幹+○○」で表現できる現在進行形や願望表現などはそれぞれ「듣+고 있다」「듣+고 싶다」となります。

その他の語幹+○○で表現できる文法も語幹の部分には「듣리」を入れることで文章を作ることができます。

類似単語に「들려오다(現在原型)/ 들려왔다(過去原型)」があります。
들려오다は「聞こえてくる」という意味です。

例文で「듣다(聞く)」と「들리다(聞こえる)」を比較

例文で「듣다(聞く)」と「들리다(聞こえる)」のニュアンスを把握しよう!
韓国ドラマでも頻出の単語ですが、本当に日常生活でも듣다、들리다共にかなり使う単語です。

듣다(聞く)

  • 빅뱅 노래를 듣고 싶어?(ビッグバンの歌、聞きたい?)
  • 이싱한 소문 들었어. (変な噂を聞いた。)
  • 그 사람의 말을 잘 들어야 돼요.(あの人の話はよく聞かなければなりません。)

들리다(聞こえる)

  • 목소리가 작아서 안 들려~!(声が小さくて聞こえない!)
  • 지금은 잘 들려요?(今はよく聞こえる?)
  • 목소리를 들려줘.(声をきかせて。)

「듣다(聞く)」と「들리다(聞こえる)」まとめ

韓国語の基礎単語「듣다(聞く)」ですが、韓国での日常生活は「들리다(聞こえる)」と区別して、使い分ける必要があります。

個人的には今はもう慣れましたが、듣다(聞く)しか知らなかったので、なかなか들리다(聞こえる)が身に付きにくかったです。

ぜひ듣다(聞く)と들리다(聞こえる)を一緒に学習して、必要な場面で必要な単語を使ってみて下さいね!