韓国語

韓国語の「르変則」を徹底解説&よく使う르変則の単語まとめ

韓国語って変則があったり、発音が変わったりして難しいよね。
そうだね。記憶するのは大変だから、何回も使って体で覚えた方が良いよ
韓国語の変則活用の中でも、르変則について詳しく知りたい!

という方に向けた内容となっています。

韓国在住して数年経っている私は、르変則の単語をごまかしながら使用しているため、まだ曖昧です。

노래를 부러요.
노래를 불러요.

どっちだっけ…

といった私と同じように曖昧にしている人、答えがわからない人はこのまま読み進めて下さい。

答えを確認し、しっかり身につけましょう。

ということで、今回は韓国語の르変則をピックアップ!

韓国語の変則活用の一「르変則」とは?

韓国語の中には変則活用をする単語があります。

르は変則活用をする単語の一つで、「모르다 」「부르다」といった単語のように、語幹が「르」で終わる単語に適用されます。

르変則のルール

르は変則活用のルールを説明します。

르変則活用は아 /어形にした時に起こります。

르変則活用の例 「모르다&부르다」に見るルール

모르다と부르다の変化は以下の通り。

  • 모르다→몰라(요)
  • 부르다→ 불러(요)

変化後は르の前のハングル(例では모と부)にㄹが付き、르は라or러に変化していますね。

라or러って違いは何?どうやって決まるの?

と思うでしょう。라or러のどちらかになるかを説明します。

  1. まずは、르の前のハングルを見る。모르다なら모、부르다なら부です。
  2. 르の前のハングルが「ㅏ、ㅗ」の場合は라に。모르다の場合、모はㅗなので라を適用。
  3. 르の前のハングルが「ㅏ、ㅗ」以外の場合は러に。부르다の場合、부はㅜで「ㅏ、ㅗ」以外になるので러を適用。

それぞれの르変則単語について、라or러のどちらか迷いながら話すと時間がかかります。

一応ルールは書きましたが、結局は何回も聞いたり話したりして、音で覚えた方が早いですね。

日常生活でよく使う르変則の単語一覧

몰라요、배불러~といった毎日と言っていい程よく使う単語は習慣的に考えずに単語が出てくるようになります。

でも、ちょっと使用頻度の劣る르変則単語は口ごもってごまかすことが多い私。

あなたも、この際にきちんと覚えましょうね。

以下の表で[cf比較]の表示があったり、リンクがあったりする場合は紛らわしい単語なので、ぜひ合わせてご覧頂くと勉強になるはずです。
発音や活用が紛らわしくて、実は私が覚えられていないだけでもあるのですが。
原型変化後意味
모르다몰라(요)知らない
부르다불러(요)呼ぶ、など
배부르다배불러(요) お腹いっぱい
다르다
cf.달다(다르다と달다比較
달라(요)違う
고르다골라(요)選ぶ
흐르다흘러(요)流れる
빠르다빨라(요)早い
자르다잘라(요)切る
기르다
cf.길다(기르다と길다比較
길러(요)育てる、など
마르다말라(요)乾く、など

 

まだ르変則の単語はありそうなので、思い出したら都度追加していきますね。

르変則[まとめ]

覚える時にしっかり覚えた方が、後々混乱しません。

まずはよく使う르変則の単語から覚えていきましょう。勉強する時は、正しい発音をしっかり覚えましょうね。

一緒に韓国語、がんばりましょう。