HSPの仕事・副業

仕事を断れない人は搾取される!断り上手になろう(特にHSPさんは要注意)

やりたくない仕事を頼まれた。

断りたいけど、気が引けて断る勇気が出ない…

どうしよ…

このような人の悩みにこたえる内容となっています。

特に、人の気持ちを深く読めてしまうHSPさんは、「断る」ハードルが高いですよね。

私は内向型HSPの自覚がありますから!

この記事は、

  • 仕事を断れない原因
  • 仕事を断ることによって得られるメリット
  • 模範的な仕事の断り方例

をご紹介しています。

私は、Webライターをしていますが、かなり長い付き合いのある会社が突然酷い対応をしてきたので、勇気を出してすべて仕事を断る決断をしました。

決断して言い出すまでに長くかかったけどね。

あなたには私のように時間を無駄にしてほしくない!

この記事を読むことで、あなたは断り上手な人になれるはずです。搾取されないように、しっかり断り方を身につけましょう。

仕事を断ること=自分を守ること!

仕事があるのはありがたいことです。

しかし、時には仕事を断る勇気を持たなければなりません。

仕事が断れない人は、タスクが溜まって自分を苦しめる

人間が抱え込めるタスクには限界があります。

仕事が断れない人は、タスクを一人で抱え込み、負担に押し潰されそうになります。

さらには、捌ききれずにクライアントや同僚に迷惑をかけることも。

HSPさんはマルチタスク苦手な人多いんですよね。

低単価の仕事を断れなければ、ずっと貧乏

フリーランスの中には、低単価の案件でも断れずに受ける人がいるかもしれません。

でも、負のループです。

断れない人=優しいではありません。

言い方は悪いけど、バカともいえるよ。

搾取されます!自分を苦しめないで!

私は、とあるWebライターのクライアントからの発言を聞いて、案件やクライアント選びの重要性を認識しました。

単価安くてもやるって人はたくさんいるから、全部そっちに投げればいーよ。

金がかかる奴は切る!

仕事を断れない原因を考察

仕事を断れずに苦しんでいる人もいるはず。

特に、HSPの自覚がある人は特性も影響しているといえます。

仕事を断れない人の心理状況

仕事を断れない人は、色々な心理状況が働いています。

  • 嫌われたくない
  • 良い人でいたい
  • 頼られたい
  • 人を喜ばせたい
  • できる人と思われたい

などなど。

大部分は、他人を気にしている場合が多いといえるでしょう。

断ることで相手が自分をどう思うかを考えてしまう

自分が断ると、相手が不快に思うかも…

と思う人もいるかもしれません。

でも、実際は、仕事を断られた人は、じゃ次の人を探そうとなります。

逆に、良い人でいたいがために、あなたが仕事を受けたとしても、相手は別のことを考えている可能性が高いでしょう。

断らない便利な人だな!

次も面倒な仕事は押し付けよう♪

あなたは、相手のことを深く考えすぎる必要はありません。

「もう仕事くれなくなるかも」という不安

仕事を断れない人には、仕事を断ると仕事をくれなくなるかもしれないと不安があるかもしれませんね。

しかし、誠実な勤務態度で仕事をしている企業、フリーランスなら信頼を積み重ねたクライアントだったら、影響はないと考えて良いでしょう。

会社やクライアントは1つじゃない!強気になろう!

仕事を断るメリット

仕事が断れる人にはメリットがあります。

仕事に集中できる

仕事を選び、やりたくない仕事を断ることで、仕事は楽しくなるでしょう。

また、一つの仕事に集中でき、仕事の質も高まります。

セルフブラック防止!

同僚やクライアントからの信用獲得につながる

仕事をきちんと、丁寧に期日まで仕上げることは当然です。

やりたくない仕事を断り、一つの仕事に集中し、この当然のことを繰り返すことで、周囲から信頼を積み重ねることができるでしょう。

むしろ、良い条件のお仕事が舞い込んでくる可能性も!

時間と心に余裕

仕事を断ることで、あれもしなきゃ、これもしなきゃと、ストレスを感じることは無くなります。

自由な時間も増えます。

仕事だけでなく、プライベートでも心の余裕を持てるので、穏やかに過ごせるようになるでしょう。

相手を不快にさせない仕事の断り方

仕事を断るにしても、言い方や表現は最大限注意しましょう。

マナーや礼儀は大切。

仕事を断る場合のポイントは以下の通り。

  • はじめにクッション言葉をおく
  • 引き受けられない旨を伝える
  • 引き受けられない理由
  • (代替案を提示)

それでは、例文をご紹介しましょう。

せっかくお声がけいただいたのに申し訳ありませんが、ほかの仕事で手一杯のため、現在はお受けすることができません。

また、受けても良いけど、例えば、納期の都合が悪いだけなら、

○○が納期なら対応可能です。

と代替案を提示することもできます。

仕事が断れないなら転職やクライアント替えも検討しよう

仕事を断ったことで不当な対応をされる場合、次の行動を考えたほうが良いでしょう。

会社員の場合は、転職。

フリーランスの人は、クソなクライアントとは縁を切りましょう。

[まとめ]搾取され前に断り上手になろう!

本当に嫌な仕事なら、勇気をもって、躊躇わずに断るのが自分のためです。

相手のことを気にすることはありません。

要点
  • 仕事を断ることでメリットはたくさん!
  • 断っても、あなたが思うほど深く何かを考えているわけではない!
  • 断る際は相手への気遣い(礼儀)が大事
  • 搾取される前に、嫌な仕事ははっきり断るべし!

断れないからといって自分を苦しめないでくださいね。

今、仕事を断れずに悩んでいるあなた、ぜひ断り術を発動してみましょう!