HSPの仕事・副業

HSPさんはメールが苦手!?仕事におけるメール対処法[電話よりマシ]

このメール送って大丈夫だよね?

敬語は変じゃない?

送っちゃったら取り消せないからメールを送るのがすごく怖い!

このようなメールに関するHSPの人の悩みに応える内容となっています。

この記事は、

  • HSPさんがメールが苦手な理由
  • HSPさんがメールを克服する方法

をご紹介しています。

私は、内向型HSPの自覚があり、現在では在宅で仕事をしていますが、メールは頻繁に使います。

送信前に何回も内容を確認してるよ。

気づいたら1通を送るのに30分以上経っていることも珍しくない!!

HSPの人がメールを苦手に感じる気持ちはよくわかります。

そこで、この記事では、メールが苦手なHSPさんの悩みを解決に導けるヒントを詰め込んでみました。悩んでいる人は、ぜひ実践してみてください。

HSPさんがメールに苦手意識を持つ絶対的な3つの理由

HSPの人がメールを苦手に感じる理由は、HSPならではの特性も関係しています。

考えすぎる傾向

HSPの人は考えすぎる傾向があります。

実際には、送ったメールは、相手に要点をさらっと読まれるだけで、そこまで内容は吟味されていません。

でも、送る側からしたら、不安がつきないよ~

  • 敬語の使い方は変じゃない?
  • このメールを読むことで相手は不快にならない?
  • 送り先はこれで大丈夫?

などなど、次から次へ!

毎回、心配だから「敬語」はググってる!

こうしているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまうんですよね。

メールは送ってしまった後の取り消しができない!

メールの他に、Slackやチャットワークなどのメッセージアプリも使用しますが、違いは送信後に編集・削除できるか否か!

そう、メールはできないんですよね。怖い…。

送信してしまったら、後戻りできない感が恐怖心や不安感を搔き立て、送信をクリックするまでに時間がかかります。

相手からの返信がない&冷たい感じの文脈に不安を感じる

私のような在宅ワークの場合、日中に働いている人だけではないので、夜中に返信がくることも珍しくありません。

しかし、返信が長くこないと不安になります。

メールで何かまずったかな…

また、文章に「!」を使って返信をくれる人には気が和むのですが、本当に堅物のビジネス文書のメールが来たら、固まります。

機嫌悪いのかな?

私のメールが機嫌を損ねたんじゃないよね?

結局、自分の不安を除くために、メール内容を考えすぎる傾向に陥ってしまうのです。

仕事でメールを使うHSPさんができる対策

仕事でメールを使うHSPさんが、少しでもメール送信までにかける時間を短くし、心の負担を軽くする対策をご紹介します。

よく使う文章はどこかに保存し、使いまわそう

気づいたら、よく使っている文章はありませんか?

最近は、「…させて頂きたく存じます。」を結構使っているな。

よく使うものは、メモしましょう。使っているうちに覚えます。

はじめは、敬語として正しいのかをすごく調べていたのですが、最近はずっと使い回しで、楽になりました!

相手はメールをさらっと読むだけと自分に言い聞かせよう

あなたが時間をかけて作成したメールですが、相手がそのメールを読むのにかける時間は何秒でしょうか?

自分がメール受信した場合、メール文の長さにもよるけど、30秒くらいかな?

たったの…

これが現実です。

送信したメールは、ほとんど秒単位で目通しされて終わりだということを自分に言い聞かせましょう。

日本語(敬語)が完璧な人はいない!

ビジネスマナーとはよくいわれますが、敬語もマナーも完璧な人はほとんどいません。

敬語は、社会人でも間違って使っている人は割といる、本当に!

よっぽど失礼な文章のメールではない限り、目くじらを立てずに、気を楽にして良いのです。

メールが苦手でも、HSPは電話よりメールの方が向いている

HSPの人は、電話も苦手な人が多いと言われています。

そんなHSPさんですが、メールと電話を天秤にかけたら、メールの方がむいているのではないでしょうか?

もちろん、人によって違いますが…!私はメール派!

電話よりメールがマシだと思うことで、HSPの人は、少しメールへの苦手意識が薄らぐかも。

HSPの人は電話が怖い!?電話をとるのが苦手な理由と対策法会社で電話を取るのが怖くないですか?HSPの自覚がある人は、より怖いと思うかもしれません。今回は、電話をとるのが苦手な理由とその対策法を解説しています。...

まとめ

メールが苦手なHSPさんは少なくないでしょう。

仕事にメールが不可欠という人もいますよね?メールへの恐怖心をなくして、送信までの時間を短縮し、自分のために時間を使いましょう。

要点
  • メールを送る相手は細かな点までメールの内容を読み込まないと認識しよう
  • 敬語をはじめ日本語は多少変でもOK。でも、送信先は再確認を。
  • 電話とメール、どっちがマシ?メール!!

メール恐怖症を克服することで、他の仕事に時間を回せるようになり、仕事の効率化にもつなげられるはず!