単語・フレーズ

韓国語の類似発音の単語「기르다」と「길다」を比較

韓国語って発音が似ているのに、意味や活用は違ったりして混乱するし、覚えにくい!「기르다」と「길다」をわかりやすく解説して!

という方に向けた内容になっています。

韓国に在住して数年経っている私は、一方の単語を覚えていても、もう一方の発音が似ている単語の活用が曖昧なんてこともよくあります。

そして混乱することも。

기르다と길다は特に厄介だったことが判明。

髪を伸ばすって길다だと思っていたけど、美容室に行った時に기르다だと知ったのです

特に、기르다は私には馴染みがなく、髪が長くなるから길다だと思い込んでいました。

기르다と길다の意味の違いって?
それぞれどうやって活用するの?

私と同じように、기르다と길다の意味や活用をよくわかっていない人はこのまま読み進めて下さい。

日常生活で使う単語なのでしっかり身につけるべし!

ということで、今回は韓国語の類似発音単語「기르다と길다」を見ていきましょう。

韓国語「기르다(伸ばす)」の意味や活用

기르다(動詞)の意味は以下の通り。

  1. 育てる、養う、飼う
  2. (スキルなどを)身に着ける
  3. (髪・髭を)伸ばす
  4. (病気などを治療せず)放置する

正直、私は知らなかった単語ですが、美容室での会話は③の意味になりますね!

私は기르다ではなく、同じような意味の키우다を使うことが多かったです。韓国人夫も키우다をよく使っています。

ただ、「(髪や髭などを)伸ばす」のように키우다で代用できない単語には기르다を使う必要がありますね。

기르다の活用は以下の通りです。

現在&過去
原形
現在:기르다
過去:길렀다
現在&過去
丁寧形(ハムニダ体)
現在:기릅니다
過去:길렀습니다
現在&過去
아/어(へヨ体)
現在:길러요
過去:길렀어요
現在&過去
フランク(パンマル)
現在:길러
過去:길렀어
仮定形기르면

色々な活用形態を例文に含めているので参考にしてみて下さい。

기르다のように語幹が「르」で終わる単語は르変則活用が適用されます。

르変則活用については韓国語の「르変則」を徹底解説をご覧ください。

例文

기르다の例文を挙げます。(「伸ばす」の意味がメインになっています。)

  • 머리를 길러서 묶고 싶어요.(髪を伸ばして縛りたい。)
  • 지금 기르고 있어?(今伸ばしてるの?)
  • 당신은 수염을 기르면 멋지게 보여요.(あなたは髭を伸ばせば格好良く見えるよ。)
  • 싫어!가르지 않을 거야!(いやだ。伸ばさない!)

韓国語「길다(長い)」の意味や活用

길다(形容詞)の意味は以下の通り。

  1. 長い

一つの意味しかないのに、活用が難しいのがネックな単語ですね。

現在&過去
原形
現在:길다
過去:길었다
現在&過去
丁寧形(ハムニダ体)
現在:길어요
過去:길었습니다
現在&過去
아/어(へヨ体)
現在:길어요
過去:길었어요
現在&過去
フランク(パンマル)
現在:길어
過去:길었어
仮定形길면

길다のようにパッチムにㄹがつく単語は、ㄹ変則活用が適用されます。

詳細は、ㄹ変則活用の解説をご覧ください。

私のように길다が怪しいという方は、ㄹ変則活用の学習が甘いのかもしれませんね。

例文

よく使う길다の例文を挙げます。

  • 머리가 길어졌네요.(髪が伸びたね。)
  • 긴 머리도 잘 어울려요.(ロングヘアもよく似合うよ。)
  • 너무 길어서 머리 감기가 힘들어.(とても長くて洗髪が大変。)
  • 방학이 길면 뭐하고 싶어?(休暇が長ければ何したい?)
  • 시간은 길지 않아요.(時間は長くないよ。)

韓国語「기르다(伸ばす)」と「길다(長い)」まとめ

기르다は動詞であるのに対し、길다は形容詞。意味も違います。

活用を間違えると、違う意味で伝わるか、意味が通じなくなるので注意しましょう。

기르다は르変則活用、길다はㄹ変則活用という風に、기르다と길다共に変則活用となるため余計に厄介な単語です。

普段よく使う単語ですが、使うたびに確認したり、頭を整理するなどして確実に覚えられるようにしましょう。